NPO法人むすひ

特定非営利活動法人むすひ

活動内容 > 経営シミュレーション戦略MG (マネジメントゲーム)研修開催

活動内容

経営シミュレーション戦略MG (マネジメントゲーム)研修を開催しました

戦略MGの内容・・・
参加者全員が製造業の社長に就任し、自分の会社の経営を進め期の終了後に決算を行い、財務諸表(B/S、P/L、C/F)を作成します。本格的な企業会計原則を取り入れており、楽しみながら、管理会計が学べ、経営・計数・コスト感覚、リーダーシップ能力、意思決定能力を高めます。

日時:平成22年1月30日(土)9:00~19:00
場所:岡山市駅元町15-1 リットシティビル6F
(ソニー生命保険株式会社 岡山支社 会議室)
参加者:田中  清水  豊久  坂本(芳)  谷川  高畑(美)
講師:戦略MGインストラクター 田中竜太郎
必要な物: 大き目の電卓、シャーペン、消しゴム
参加費用: 10,500円/人(教材、機材費等含)



参加者全員製造業の社長に就任し資本金300万円で創業します。
社員を雇ったり、商品を仕入れて販売したり、広告宣伝をしたりと実際の経営と同じように行なっていきます。1期目はルールに慣れるため講師の指示に従って、全員で同じように経営をします。

2期目からはそれぞれの社長の考えで経営をしていきます。
経営には何が起こるかわかりません。仕入れた商品が火災にあってなくなってしまうかもしれません。そんなリスクを考えて保険に入ることも出来ます。ポイントはゲームのルールをすばやく理解すれば他社との差別化ができる有効な手が打てます。

自社の商品在庫をみて販売するタイミングと市場を選ぶ必要があります。また競合する他社が存在するので相手の様子を観察することも必要になります。合わせて現金出納帳に経営の記録を記入していかなければならないので頭がフル回転します。

他社の社長の性格がだんだん解ってきます。運悪くなぜかリスクカードをたくさん引いてしまう社長もいます。(リスクカードでラッキーなことも起こります)

2期目が終わって決算報告書を作成します。全社が累積赤字になってしまいました。
全ての社長はここで反省しました。2期目の損益分岐点を確認して固定費、変動費から商品の販売単価と販売個数を計算して販売計画を決定しました。

3期目は販売計画に従えば売らなければならない個数は分かっているので、全社長は積極的に販売を始めました。2期目と比べると3期目は販売機会(回転)が増え会社の利益がふえました。中にはリスクカードを引いてしまって特別損失が発生してしまった会社もありました。

3期目が終わって決算報告書を作成します。結果はごらんの通りです。予定をたてて必ず実行しようとする強い気持ちが必要なことが改めて分かった一日でした。(普段使っていないロジックを使って疲れましたが、有意義な研修となりました)